離乳食について

離乳食のことで不確かな情報をお伝えし、ご迷惑をおかけした方がいるとお聞きました。アレルギー症状が出た患者様がいらっしゃいましたら、謝罪いたします。

経緯を説明いたします。
離乳食とアレルギーについて、今考え方が変わりつつあります。
以前は、「離乳食の開始が遅い方が、アレルギーになりにくい」というのが一般的で、私もそのように指導してきました。しかし、最近、「早い方がアレルギーになりにくい」という考え方が主流になりつつてあります。
しかし、「早い」の時期に関しては、医師の間でも考えに差があります。この時期について、詳しく調べてから皆様にお伝えしようと準備しておりましたが、少しでもアレルギーが減らせるなら少しでも早くお伝えしようと焦ってしまい、はっきり定まらないままお話ししてしまいました。大変申し訳ありませんでした。

お伝えした内容は間違いではありませんが、できるだけ安全で一般的な方法を選ぶべきでした。申し訳ありませんでした。
現在、わかりやすく書いたものを作成予定です。上記ご理解いただければ幸いです。
  あだち小児科クリニック 院長 足立晋介




2021年9月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster