院長先生の部屋

プロフィール

ごあいさつ

このたび、市立福知山市民病院を退職し、小児科のクリニックを開院させていただくこととなりました。これまで支えて下さった多くの方に心より感謝申し上げます。私自身これまで約25年間、小児科医として、大学病院や基幹病院で経験を積んで参りました。もともと小児内分泌の道を志しておりましたが、その道のりの途中、小児感染症や児童虐待といった分野にも造詣を深めてまいりました。小児で頻度の高い病気はもとより、低身長や内分泌疾患まで、地元に密着した形で地域医療に貢献したいと思います。

京都北部でも都会と同レベルの医療が提供できるよう、これまで通り学会などにも参加し、発表や論文執筆も行っていきます。また、児童虐待の分野においては、医療者の教育に少しでも貢献できればと思っており、講演の依頼も可能な限り受けていきたいと思っています。やむを得ず休診させていただく日や診察時間が短くなる日があるかもしれません。また、病気のお子さんの待ち時間を少しでも短くするためにも予約制を導入させていただきます。予約の手間はありますが、自宅でゆっくり待てるというメリットは大きいと考えます。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

[名前]
足立 晋介
[学歴]
昭和63年 京都府立福知山高等学校卒業
平成6年 鳥取大学 医学部卒業
平成12年ー14年 スウェーデン カロリンスカ研究所研究員
平成14年 京都府立医科大学大学院 医学研究科修了
[略歴]
平成8年4月ー 京都府立与謝の海病院小児科
平成14年4月ー 石鎚会(せきてつかい)田辺中央病院小児科
平成18年4月ー 京都第一赤十字病院小児科
平成26年4月ー 市立福知山市民病院小児科
令和1年11月ー あだち小児科クリニックを開業
[よく見る領域]
小児内分泌・感染症・児童虐待
[資格]
医学博士
京都府立医科大学臨床教授

BEAMS講師
ICD(インフェクションコントロールドクター)
NCPR(新生児蘇生法)インストラクター
[代議員/世話人]
日本子ども虐待医学会 代議員
近畿小児科内分泌研究会世話人/京都小児科医会感染症研究会世話人など
[趣味]
自転車、テニスなど