予約について

1.予約なしでも診察してもらえますか?

はい、診察できます。ただし、予約の方が優先になりますこと、ご了承ください。
予防接種は原則として予約制です。2日前の昼12時に一旦しめきります。それ以降は、ワクチンの在庫がある場合のみ、電話などで承ります。
内分泌外来につきましては、初診の方は時間をお取りしたいので、電話での予約をお願いしています(Web予約も検討中です)。

2.予約はいつからとれますか? 当日も予約できますか?

通常の診察の予約は、1週間前から当日の診察30分前くらいまでとることができます。
予防接種は、35日前から予約できます。2日前の正午を過ぎると、予約・変更・キャンセルはWebではできなくなります。診療時間内に電話でご連絡ください。
内分泌外来は電話での予約をお願いしています。

3.初めて受診しますが、予約できますか?

はい、できます。Web予約の画面から、「初めての方」を選んでください。

4.Web予約とWeb問診の違いが分からない

Web予約は、診察を予約できるシステムです。Web問診は、症状や熱の経過などを事前に入力していただけます。
まずは、予約をとっていただき、受診前に自宅でWeb問診を入力していただくのが良いと思います。
直接来院いただく場合に、Web問診単独でご利用いただくことも可能です。

Web問診について

1.Web問診のメリットを教えてください

Web問診は、パソコンやスマホから、症状や経過などの情報を記載いただくものです。通常は、クリニックについてから手書きすると思いますが、小さいお子さんを見ながら書くのは大変です。自宅で入力いただくと、クリニックについてからしていただくことが減り、web問診入力済のかたは、体温測定も省略しています。
普段、お子さんの面倒をみていない祖父母さんなどが連れてこられる時に、入力しておいていただけると、様子がよく分かったり、こんな薬が欲しいんだということが良く伝わります。ぜひご利用ください。
(ただし、当院に初めて受診いただく方は、住所や名前の確認のため手書きで書類をお書きいただきます)

予防接種について

1.Web予約ができません

最も多い原因は、「過去の履歴を入力する画面」を「予約する画面」だと勘違いしておられることが多いです。
特にスマホだと、下の方の画面が切れていますので、下の方までスクロールして確認いただき、履歴入力→確認→予約と進んでいただく、できることが多いです。
その他、うまくいかない場合は、お手数ですが電話でお問い合わせください。

2.予防接種専用の時間はありますか?

あります。火曜日と木曜日の13:30~15:30は予防接種のみです。土曜日の午後は、内分泌外来と予防接種になっていますので、感染症の方は来ません。予防接種専用ではありますが簡単な診察は同時にできます。保険証と乳幼児医療などの受給者証をご持参ください。

3.予防接種と診察をいっしょにしてほしい

予防接種専用の時間でも、簡単な診察や処方は可能です。診察の予約は不要で、当日受付でおっしゃってください。ただし、検査などで診察が長くなる場合は、順番を最後にしたり、後日の診察をお願いすることがあります。あらかじめ時間がかかりそうな時は、診療時間内にも枠を作っておりますので、そちらをご利用ください。たとえば低身長やアレルギーの相談で初めての場合は時間がかかります。

4.予防接種での感染対策について教えてください

14:00からだった予防接種専用時間を13:30からとし、時間当たりの予約数を減らしています。また、すこしでも広くお待ちいただけるよう感染対策室を開放しております。
予防接種専用時間以外の場合で、待合が混んでいる場合は、感染対策室もご利用いただけるようにしております。また、順番まで時間がある場合車の中で待つことも可能です。

小児科・小児内分泌内科について

1.小児科って何歳まで診てもらえるの?

実は、小児科に「何歳まで」という基準はありません。え?と驚かれる方もいらっしゃると思います。病院では、内科との線引きを決めておかないと、患者さんが戸惑われることになりますので、15歳とか12歳以上で分けていると思います。診療所では、その線引きは必要ありませんので、何歳でも診察可能です。日本小児科学会は、「小児科医は子ども達が成人するまで見守ります」と提言を出しております。
高校生や大学生の世代、そしてお子さんお連れのお母さまやお父様なども、診察させていただきます。

2.小児内分泌内科って何?

血液によって運ばれ、体の様々な臓器の調整をする「ホルモン」という物質が、100年ほど前に発見されました。今では、100種類以上のホルモンが知られていますが、そのホルモンを中心とする体の働きが内分泌です。有名なものに、成長ホルモン・甲状腺ホルモン・副腎皮質ホルモン・性ホルモン・アドレナリンなどがあります。内分泌の働きが悪くなったり、逆に過剰に働くことで、様々な病気が発生します。この内分泌の病気を診察するのが、内分泌内科です。小児の内分泌疾患は、成長の問題や体重減少、体調不良などをきっかけに、診断されることがあります。また思春期(第二次成長期)も内分泌の働きで起こります。成長相談室もご参考してください。

ロナウイルス対策 について

後日掲載します

オンライン診療について

後日掲載します