トップページ

ごあいさつ
このたび、市立福知山市民病院を退職し、小児科のクリニックを開院させていただくこととなりました。
これまで支えて下さった多くの方に心より感謝申し上げます。
私自身これまで約25年間、小児科医として、大学病院や基幹病院で経験を積んで参りました。
もともと小児内分泌の道を志しておりましたが、その道のりの途中、小児感染症や児童虐待といった分野にも造詣を深めてまいりました。
小児で頻度の高い病気はもとより、低身長や内分泌疾患まで、地元に密着した形で地域医療に貢献したいと思います。

京都北部でも都会と同レベルの医療が提供できるよう、これまで通り学会などにも参加し、発表や論文執筆も行っていきます。また、児童虐待の分野においては、医療者の教育に少しでも貢献できればと思っており、講演の依頼も可能な限り受けていきたいと思っています。やむを得ず休診させていただく日や診察時間が短くなる日があるかもしれません。
また、病気のお子さんの待ち時間を少しでも短くするためにも予約制を導入させていただきます。予約の手間はありますが、自宅でゆっくり待てるというメリットは大きいと考えます。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

予約なしでも診察できますが、予約が優先になります。


もしくは下記バーコードから

診療科:小児科、小児内分泌内科

☎ 0773-25-0055

ブログ

2020年4月10日
BCGの出荷が制限されています
2020年3月12日
当院の感染対策③
2020年3月8日
当院の感染対策について②
2020年3月3日
ヒブワクチン再開のお知らせ
2020年2月27日
当院の感染対策について
› 続きを読む